B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

島が見えた!


c0210371_10583490.jpg


ボードゲーム『島が見えた!:Land in Sicht! 』

2009ドイツ年間ゲーム大賞子供賞ノミネート作品。
子供向けなのでルールはシンプルですが、ボード自体の
デザインとアイデアに惚れて購入しました♪






c0210371_1181663.jpg


【2〜4人用/定価5,200円/ステファン・ドーラ作】

思わずワクワクしてしまうカラフルなパッケージ。
ラベンスバーガー社のゲームはいくつか持ってますが
どれも一目で楽しそうと思えるパッケージアートで
個人的に非常に好感度が高いメーカーです。


c0210371_11381637.jpg


今作で特に素晴らしいのは、このタイルの作り。
見てのとおり中央でパタンと折り返せるように2枚の
厚紙を重ねて半分だけ接着したような状態なのですが、
繰り返し折っても劣化しにくいよう表面が薄いビニールで
コーティングされています。
写真でわかるように最初は型枠にはまった状態で封入
されてるわけですが、取り外してこの成型を見たときは
職業柄その印刷加工技術の高さに感動しました。
ドイツゲームのコンポーネントは相変わらず素晴らしい!



c0210371_1151995.jpg


そのタイルを全て青一色の面にしてランダムに並べます。
これがゲームのメインボードとなる大海原。

プレイヤーは舟に乗ってこの大海原に点在する島々を巡り
お宝を集めて、いち早くゴールすることが目的です。


c0210371_11564055.jpg


スタート前にプレイヤー同士で相談して今回の目的を設定。
写真の例だと“真珠4つ・パイン1つ・オウム2つ・宝箱3つ”を
集めて“LATE島”にゴールする順位を競います。

お宝の数を加減することで年齢差や経験を考慮したハンデや
終了までの時間なども微調整できるのがありがたいですね♪



c0210371_125402.jpg


タイルをめくると入り組んだ複数の航路と島が出現し、
島には港やお宝が描かれています。

各プレイヤーは自分の舟を航路にそって進めていくわけですが
通過したタイルは元の海原に戻されていってしまうのです。

他のプレイヤーの動きを見ていれば欲しいお宝のある島の位置は
だいたい記憶できますが、航路の方はそう簡単に覚えられません。
そこがこのゲームの面白いところで、目指す島があるタイルに
たどりついたのに、航路が港に繋がってないがために泣く泣く
お宝を横目に素通りしなければならなかったり、お宝を全て
集めたのにゴールの島に上手く入港できず逆転されたりといった
ことがあちこちで起こるので、勝負は最後までわかりません。


プレーする度に変化する大海原を航海するワクワク感、宝探し
という取っつきやすいテーマと簡単ルールで子供から大人まで
楽しめるレースゲームの秀作です♪
[PR]
by samune_3 | 2009-10-14 13:32 | ボードゲーム