B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ティキトップル


c0210371_1345529.jpg


ボードゲーム『ティキトップル:Tiki Topple』

わが家ではデジタルゲームよりアナログゲームの方が
はるかに好まれる傾向にあります。
(結局TVゲームするのは僕くらいのもんで(汗))

今回紹介するボードゲームも嫁さんがえらく気に入って
購入後連日プレーしてる秀作です♪






c0210371_14163490.jpg



【2〜4人用/定価2,400円/プレー時間:約20分】

シュミット社がお手軽に楽しめるゲームを安価で
展開している“EASY PLAY”シリーズ。
このシリーズを購入したのは初めてですが、短時間で
サクッと遊べるゲームは何かと重宝します。


c0210371_1424198.jpg


箱を開けてまず目につくのがカラフルな“ティキ”たち。
材質はいまいちよくわかりませんが、木製ではなく
ある程度の重量があり、持ったときの感触が良いです。
それぞれに独特の表情と名前が彫ってあって安価な割に
よく出来てます。


c0210371_142979.jpg


ボードには、このティキを縦に並べられる溝があり、
周囲には得点マスが描かれています。
ちょっとした法則に従ってティキを並べ、得点コマを
スタート地点に置いたらボードの準備は完了。


c0210371_1434938.jpg


そして、手札となる“移動カード”。
写真の9枚をワンセットとして(人数分4色あり内容は
各色まったく同じ)自分の色のカードを受け取り、
これらを伏せた状態でランダムに2枚引いて伏せたまま脇へ。
残った7枚が手札となります。(2人プレーの場合)

このカードに示されているのは“ティキの位置換え”。
例えば右上の“−2”は任意のティキを2つ分下へ移動、
左下の“←→”は任意のティキ2つの位置を入れ替え、
そして右下の“×”は一番下にあるティキ1つを排除
といった具合になっていて、×カードと1UPのカードのみ
2枚ずつあります。


c0210371_14441091.jpg


続いて、各自“目的カード”を1枚ずつ受け取ります。
このカードに描かれているのは上から1〜3番目の
ティキの色と得点。写真の例だと
・オレンジが1番上なら9ポイント
・アカが1番か2番目なら5ポイント
・ピンクが1〜3番目にあれば2ポイント

各プレーヤーは自分の目的カードを非公開として
なるべくそこに描かれた状態で終われるように
移動カードを駆使してティキを動かすのです。



c0210371_14575959.jpg


適当に順番を決めたら、手番では移動カード1枚を
プレーしてティキを動かします。
7枚全て使い切ったら終了なので、それまでに
自分の目的の状態に近づけなければなりません。

緑のプレーヤーの目的は“ミドリのティキをトップに”
ですが、スタート時ミドリのティキは1番下・・・
ここでもし赤のプレーヤーが“×”の移動カードを
プレーしたら、いきなり最高得点のティキがゲームから
排除されてしまうのです!

そうなってしまうとゲームにならないので×カードに
限っては、各自最初の手番ではプレーできないことに
なっています。


移動カードは全て使い切らなければならないので
もし2人のプレーヤーがそれぞれ手札に×カードを
2枚ずつ持っていたとしたら下位4つのティキは
終了までに必ず排除される計算になります。

互いの目的とするティキは非公開ながらも動向を
見ていればだいたい目星はつくわけで、
相手は何色をトップにしたいのか?
自分の目的の色を押し上げるには?
どのタイミングでどの移動カードを使うか?
刻々と変化する状況に悩みは尽きません。



c0210371_15231547.jpg


互いの手札がなくなったら終了し、目的カードを
公開して得点を計算します。

ここまでを1ラウンドとし、2人プレーの場合は
4ラウンドやって合計得点で勝負を決めます。


自分の思惑を達成するために毎手番考え込むことに
なるわけですが、相手の出方がわからないので
先々の計画を立てようと長考しても無意味。
慣れれば1ラウンド数分でサクサク進みます。

ルールはシンプル、終始緊張感が続き、短時間で
収束するのに遊んだ感もしっかり味わえて、
2人プレーでも充分面白い素晴らしいゲームです♪
[PR]
by samune_3 | 2009-11-11 15:43 | ボードゲーム