B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バケツ消防士


c0210371_1045993.jpg


今年最後を飾るゲーム紹介は、三たびクニツィア作
『バケツ消防士』です。

すでに絶版となっている『ハニーベア』という
ゲームのリメイクで、テーマが“クマとハチミツ”から
“水バケツ片手に火災ビルに登る消防士”へと大きく
変更されています。ある意味すごい発想力ですね(笑)






c0210371_10134183.jpg


【3〜4人用/プレー時間:約30分】

クラシックな雰囲気のパッケージアートが個人的に
かなりツボ。
やはりボードゲームのパケはデザインとイラストの
マッチングが非常に楽しいですね♪



c0210371_10315381.jpg


コンポーネントは火災ビルが描かれたボード1枚、
4色の消防士コマ、そして色に対応したカード。

カードには『歩き(1歩)』と『走り(2歩)』があり
各色歩き6枚・走り5枚ずつで構成されてて、さらに
何色としても使用できるジョーカーカードもあります。


全てのカードをシャッフルして、3人プレーなら10枚、
4人プレーなら3枚をランダムに抜き出します。
残りを全て均等に各プレーヤーに配って手札とし、
4色のコマをボードの最下段に配置したら準備OK。



c0210371_10491596.jpg


このゲームも手順は極めてシンプル。

手番では、手札からカードを1枚プレーして対応する
色のコマを出したカードの歩数分登らせるだけ。
プレーしたカードは全て捨て札になります。

各コマは誰のものでもないので何色を動かすかは自由。

では、いったい何が勝敗の決め手になるのかというと・・・


いずれかの消防士が最上階に到達したらゲーム終了。
その時点での各コマがいるマス目の得点と手札の内容で
得点を計算するのです。

計算方法は

■最上階にコマを動かしゲーム終了させたプレーヤーに
 ボーナス6点

■手札の歩きカード2枚1組につき、その色のコマがいる
 マス目の得点×5倍

■手札の歩きカード1枚(2枚組にできなかった)につき
 その色のコマがいるマス目の得点

■手札の走りカード1枚につき、その色のコマがいる
 マス目の得点×2倍

■ジョーカーは何枚あっても無得点



c0210371_11113721.jpg


例えば写真のような状態でゲーム終了したとすると
このプレーヤーの得点は

赤:歩き1枚×マス3点=3点
  走り1枚×マス3点=6点

青:歩き1ペア×マス2点=10点

黄:走り2枚×マス1点=4点

緑:走り1枚×マス0点=0点

ジョーカー:0点

という結果となりトータル23点。
もし最後に赤のコマをゴールさせたのなら
これに6点がプラスされて29点となります。


こうして文章にすると少々ややこしいですが
実際にプレーしてみると簡単で・・・

かつ最初の手番からトンデモなく悩ましい(笑)



c0210371_11332941.jpg


コマを進めるためにはカードを使用しないと
いけないわけですが、得点は残ったカード・・・

マイナスマスにいるコマのカードを持ってたら
コマを進めてプラスにしたいけど、他の人が
進めてくれるかも?
それならカードはキープした方が得点になる・・・

歩きの1ペアを温存するか? 走りを残すか・・・?



終始クニツィアジレンマ、炸裂しまくり!

ホント、よくもまぁこんな意地悪なルールを
考えつくもんだなぁと感心します(笑)
[PR]
by samune_3 | 2009-12-24 12:00 | ボードゲーム