B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ア・ラ・カルト


c0210371_11275370.jpg


1989年に登場し人気を博したお料理ゲームが
リニューアルして再販されました。

『ア・ラ・カルト 』a la carte
【3〜4人用/プレー時間:約40分】


初版は非常にレアで、オークションなどではかなりの
高値で取引されていたそうです。
僕は当然このゲームの初版のことも内容もまるで
知りませんでしたが、どこかのサイトでこの再販版の
画像を目にしてしまい、例のごとく一目惚れ♪

でも国内ではまだ取り扱ってる店も少ない様子・・・
仕入れてても品切ればかりで諦めてました。





c0210371_1214446.jpg



ところが、先週末たまたま某通販サイトを覗いたら
『在庫あり』の文字が! すぐさまポチッ!!
直後に『在庫なし』に! 滑り込みセーフでした(笑)



c0210371_1258792.jpg


他に類を見ないコンポーネントが素敵すぎます♪

コンロは厚紙タイルを組み合わせて作るのですが、
火力調整つまみは可動式。デザインも良いですね。

4色の小瓶はパプリカ・レモン・ハーブ・ペッパーで
それぞれの瓶に15個ずつのスパイスコマと5個の
塩コマ(半透明)が入っています。

ダイスはコンロを加熱するための『加熱ダイス』。


ちなみにこちらがおよそ20年前に出た初版。

c0210371_13102258.jpg


全体的にシンプルで味のあるデザイン。
瓶のフタが本物のコルクだったりと当時から
かなり凝っていたようですね。
しかし、こうして比べると今回のリニューアルが
いかに大幅な改版なのかがよくわかります。




プレーヤーは料理人となって、レシピに書かれた
スパイスを鍋に投入し料理を完成させていきます。

c0210371_1314222.jpg


『レシピタイル』は難易度に応じて5種類あり、
上段に料理名、中段に必要なスパイス、下段に
必要な火力が書かれています。
火力欄右端の赤い数字は、この火力に達すると
料理は焦げてアウト!ということを示しています。
これらを難易度ごとに山にして場に置きます。

なお、右下の円形のタイルは少々扱いが異なる
『パンケーキタイル』で、こちらはゲームの
開始時に各プレーヤーに1枚ずつ配られます。



まずプレーヤーは、好きなレシピタイルを1枚
選び、それを自分のカラの鍋に入れます。

手番では
■任意のスパイス小瓶を選び鍋にひと振りする
■加熱ダイスを振って火力を上げる

この2つの行動を自由に組み合わせて3回まで
アクションできます。


c0210371_13291220.jpg


『スパイスをひと振り』は必要な小瓶を選んで
手に取ったら鍋の上で1回だけ逆さにできます。

鍋の上でシャカシャカ振ったり、底を叩いたり
してはいけません。文字通り「ひと振り」だけ。
スパイスはイビツな形をしているので瓶の口に
引っかかって何も出てこないこともあります。
それでも1アクション終了。

出るか出ないかは運次第。
出ないと料理は作れないけど同じスパイスが
3つ以上入ってしまうと味付けが濃すぎて
どんな料理も失敗になってしまいます!
出過ぎても困るというジレンマ(笑)

しかも『塩』は単なるお邪魔スパイスで、こちらも
3つ入ってしまうとアウトなので、入魂のひと振りが
料理の出来不出来を左右します。



c0210371_13504326.jpg


必要なスパイスが鍋に入り、火加減もうまくいったら
料理完成です。使用されたスパイスをシンクに捨てて、
レシピタイルを裏返し料理面にしてトレーの上へ。
書かれた数字が得点になります。

続けて場から新たなレシピタイルを選んで鍋に入れますが
すでに選んだ色のタイルは避けねばなりません。
最初から難しいレシピに挑むか、簡単なメニューから
消化していくかはプレーヤー次第。

というのも、ゲームが進むにつれて小瓶の中のスパイスは
徐々に減っていくので(使用済みは捨てていくので)
ひと振りで一気にドバッと出やすくなります。
その辺りも見越してどういう料理から仕上げていこうか
悩むところですが、いざ調理してみると減って出やすく
なったはずの小瓶からスパイスが全く出てこなかったりして
他の人の手番でもとにかく笑えます。



c0210371_14112276.jpg


スパイスも火力もレシピどおり、塩も余分なスパイスも
一切入らずに完成させると、絶品料理として『星』獲得。
これを3つ集めた人は文字通りの『3つ星シェフ』となり
得点など関係なく即座に勝利します!(笑)



c0210371_1416356.jpg


加熱ダイスで『ティーカップ』の目が出たら、場のある
緑色の『コーヒーカップタイル』を1枚獲得。

このタイルは裏面に特殊アクションが書かれていて
手番中いつでも「コーヒーブレイク!」を宣言する
ことで使用可能。
自分のコンロの火力を下げたり、はたまた相手の鍋に
スパイスをひと振りできたり、誰かと鍋を交換したり
という強力な効果も。



c0210371_142629100.jpg


そして『パンケーキ』。

これは通常の料理とは異なりスパイスは必要なし。
その代わり一度鍋に入れたらアクションが制限されて
1アクションで加熱ダイスを振り、2・3アクションで
いわゆる『フライパン返し』に挑戦させられます。

もちろん成功しなければ鍋から出せないので、新たな
料理に取りかかれないし、毎手番ダイスを振るので
早く成功させないと焦げてしまいます。


c0210371_14315648.jpg


最初は何てことないアクションだとナメてましたが
やってみるとこれが意外と難しい・・・
いい歳してオモチャのフライパン片手に必死になってる
姿がこれまた面白いんですけどね(笑)


誰かが5つの料理を完成させるか、前述の3つ星シェフが
誕生したらゲーム終了。
料理に書かれたポイントを合計して順位を決めます。




c0210371_14525710.jpg


前回記事にしたとおり、いつもなら購入したゲームは
僕がまずひとりでテストプレーしてルールを完全に把握
してから周囲の人に勧めるのですが、今回は嫁さんが
開封時から飛びついてきて、頼んでもないのにコンロを
組み立てはじめました。この見た目なら無理もない(笑)


公称は3〜4人用ですが、ルールを読みつつ2人プレー。
当然プレーヤー間の絡みは減りますが、問題ないどころか
スパイスのひと振りやフライパン返しで大盛り上がり!

肝心なところで1粒も出てこなくて「あれ・・・?」。
かと思えば、塩もたっぷり含んでドバーッとこぼれてきて
「うひゃーー!!ちょっと待ってよ〜〜!」
お互いの様子に終始笑いが絶えない展開でした♪



これはもう言うまでもなく、最高に面白いバカゲー(笑)
アクションゲームは初めてでしたが楽しいですね♪
凝りまくったコンポーネントと万人受けしやすいテーマの
取り合わせがホント素晴らしい噂どおりの傑作です!
[PR]
by samune_3 | 2010-01-18 15:22 | ボードゲーム