B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ル・アーブル


c0210371_1119555.jpg


欠品してた木製コマも無事届いた『ル・アーブル』

ただ、この休日はなかなか対戦プレーする時間が
取れなくて、いつもどおりルールを頭に入れるため
ひとり黙々と撮影しながらのテストプレー。

アグリコラと同様にソロプレーも可能なのが嬉しい
ところですが、やはり早く対戦してみたいものです。




c0210371_1125199.jpg


実はわが家のアグリコラ、発送の直前にショップの
ミスで外箱を損傷・・・店長さんから電話で相談を
持ち掛けられた末、大幅値引きしてもらったのです。

で、今回のル・アーブルはコマ無し・・・
わが家にやって来るローゼンベルグ作品にはつねに
何かしらあるのかもしれませんね(笑)




c0210371_11315620.jpg


ゲームの大まかな流れは、中央の運河を1ターンに
1マスずつ(計7マス)各プレーヤーの船を進めて
(同じマスに複数の船は止まれず空いたマスへ)
止まったマスに描かれている資源がボード上部の
ストックから下部の供給スペースに補充されます。

いずれかの船が右隅まで到達したら1ラウンド終了。
つまり何人でプレーしても1ラウンドは全7ターン。


手番では、各資源の供給スペースいずれか1カ所から
置かれている資源をごっそり取るか

あるいは


c0210371_1148326.jpg


様々な効果の持つ建物カードに自分の人員コマを置いて
そこに書かれたアクションを実行するかの2択。



c0210371_11521649.jpg


資源は、材木・石炭・粘土・鉄・魚・麦・牛・毛皮の
8種類を基本に、それぞれの裏面にはそれらを加工した
状態が描かれています。

基本状態の資源はほとんどの物が供給スペースから
普通に手に入るのですが、例えば麦や牛などは
そのままでは使い道がなく、パンや肉に加工して
はじめて食料として機能します。
(ラウンド終了ごとに食料の徴収がある)


資源の加工も該当する建物カードにコマを置くことで
実行できるのですが、建物は建設されなければ場に
出てこないのでコマは置けません。



c0210371_1222366.jpg


ボード上には3つの建設計画地があり、それぞれ
写真のように建物カードが並べられています。

各列の一番上にある3件の建物カードが建設可能な
建物になっていて、建設にはやはり資源が必要。
写真手前の『中央市場』なら“材木×2”、
『漁場』は“材木×1・粘土×1”という具合です。

また、建設するにはあらかじめ『建設会社』や
『工務店』などの建物カードにコマを置いて
アクションとして実行しなければなりません。

見てのとおりカードは少しずつズラして置くので
次に登場してくる建物が事前にわかるのです。
手元の資源と相談しつつ建設計画を立てましょう。



こうして建設された建物は(当たり前ですが)
建てたプレーヤーの所有する物件となります。

ここからがこのゲームの面白いところで


c0210371_1434379.jpg


例えば、青プレーヤーが牛を肉と毛皮に加工できる
『食肉処理場』を建てていたとします。

赤プレーヤーがこの建物を利用(コマを置く)して
手持ちの牛を加工したいと思ったら、青プレーヤーに
“施設の利用料”を支払わなければいけないのです。

利用料は建物によって異なり、カード右上に記載。
『食肉処理場』だと1回の利用につき2フラン。



建物カードは基本的に各1件しかなくて早い者勝ち。
よく利用されそうな建物を複数建てておけば施設の
利用収入が期待できますが当然競争も激しいです。

いかに効率良く必要な資源を採取して目的の建物を
立てていくかがポイント。



c0210371_14174665.jpg


建物カードには、通常の建物とは別にゲーム毎に
ランダムに選ばれる“特別な建物”カードも。
これによりゲーム毎に違った展開が生まれます。




c0210371_1420385.jpg


また、建物の他に『造船所』を利用することで船を
建造することも可能。

船を持っていると毎ラウンド徴収される食料の量が
減るので、運営が非常にラクになります。
(というか、ルールブックには船を作らないと
 勝てない!と強調して書いてあります(笑))

最初は貧相な“木造の船”ですが、資源を用いて
アップグレードさせて最終的には“豪華客船”に!

建物と平行して船舶も重要な要素なのです。



プレー人数ごとの規定のラウンド数を消化したら
所持金と資産(建物と船舶の価値)を合計した
総資産額で順位を決めます。


・・・というわけで、これは本当にざっくりした
進行で、実際はもっと色んな要素が絡んでくる
ややこしいゲームなのですが基本手順はシンプル♪
海外での評判どおり非常に面白い作品です!





【番外編】さらにレゴ化

c0210371_1439352.jpg


コマが来るまでの繋ぎのはずがエスカレート・・・
やる機会もないくせに3、4人目のコマまで登場。


c0210371_14423786.jpg


c0210371_14424963.jpg


資源のストック置き場も作り、もはや『レゴ港』(笑)


そういえば去年話題になったレゴのボードゲームは
国内展開されるのかなぁ・・・?
[PR]
by samune_3 | 2010-03-29 14:57 | ボードゲーム