B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

洛陽の門にて ソリティアプレー

c0210371_941975.jpg


『洛陽の門にて』も前2作と同様に1人プレーが可能。

先日の嫁さんとの初プレー時には、植えられない野菜を
間違えて植えてて何手番か後戻りしたり、助手の能力を
ほとんど活かせなかったりと色々反省点も多かったので
今一度ルール確認も含めて1人で遊んでみました。






c0210371_9482092.jpg


ボードには裏面もあって、賑やかな表面とは対照的な
赤色で統一した落ち着いた雰囲気。
ちょっと気分を変えてプレーできる嬉しい仕様です♪




c0210371_9563586.jpg


1人プレーではカードの獲得方法が大きく変更されます。

まず山札からランダムに引いたカードを写真のように
3×4の並びで場に配置。
カードを獲得する際、最上段の3枚はどれも無料ですが
2段目の3枚は各1文、3〜4段目は各2文の支払いは発生。

毎ラウンドこの中から“必ず2枚”選んで獲得しなければ
いけないので、2段目以下に欲しいカードがある場合や
あるいは最上段に配達できそうにない顧客カードが複数
並んでしまって穫りたくない場合など非常に悩みます。


2枚を選択して引いたあと“2段目のカードは全て捨て札”!
以下、抜けた箇所を埋めるように繰り上がっていき
下段の空きを山札から補充して再び3×4の場を作ります。


つまり有料だからといって出し惜しみしてるとカードは
どんどん流れていってしまいます・・・




c0210371_10225491.jpg


ゲーム中はいつでも借金することができ、1回につき
5文と“借金カード”1枚を受け取ります。

この借金、なんと返済する必要がない!

と言うと一瞬聞こえは良いのですが、ゲーム終了時に
借金カード1枚につき1歩“繁栄への道を後退”!!



今回の1人プレー、最終結果は14点。
1回借金してたので15点からの1歩後退・・・

見た目にはたかが1歩なのですが、15文も支払って
やっと歩んだ1歩だっただけに悲しすぎる!
結局えらい高い金利を払ったことに・・・(泣)


ライバルがいなくても商売は何かと大変です。
[PR]
by samune_3 | 2010-05-27 10:42 | ボードゲーム