B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ズーロレットミニ

c0210371_1016024.jpg


以前サムネ2で紹介した『ズーロレット』の簡易版が登場。
その名も『ズーロレットミニ』! まんまですね(笑)

本家ズーロレットは、大賞受賞に恥じない名作ですが
5歳の長女にやらせるには少々ルールが多い・・・。
最近またボードゲーム熱が高まってきたので、何とか
これを遊ばせたいなぁと思ってた矢先のミニ発売!

非常に良い具合に簡素化された好ゲームです♪





c0210371_10301790.jpg


今回のパッケージはミーアキャット。
箱の大きさは拡張セットと同じサイズでコンパクト。
本家のほぼ半額程度になった価格も嬉しいですね♪



c0210371_1040479.jpg


新しくなった動物たちはサイ・ラマ・オオカミ・ダチョウ・
ミーアキャット・キリン・インパラの7種類。

あと、池・石・紅葉した木の景観タイル3種類。


c0210371_10455150.jpg


そして個人的に嬉しかったのが、本家では木製だった
トラックのタイル化。イラストが入ってわかりやすい。

c0210371_10483191.jpg


さらに裏面がちゃんと2人用!
些細なことですが、これが有ると無いとでは違います。



c0210371_10525179.jpg


基本的なルールはズーロレットと同様で、手番では
“袋からタイルを1枚取り出してトラックに乗せる”か
“すでにタイルが乗ったトラックを1台取る”か。

相変わらずこのジレンマはわかりやすくて楽しいです♪


c0210371_10553467.jpg


動物園はタイルによる骨組みだけとなり、シンプルに
なってますが、スペースの面で非常に効率が良いです。

オリは3カ所で、それぞれタイル6枚ずつ収容可能。
ひとつのオリには1種類の動物しか入れられません。
景観タイルは配置できますが、その分動物を入れる
スペースがつぶれます。

同種の雄雌が一対になると自動的に子供が産まれます。
あふれてしまった動物や景観は飼育小屋行き。

1つのオリが全て埋まったら、ボーナスアクションで
自分の飼育小屋のタイルを1枚捨てるか、他の人の
飼育小屋から好きなタイル1枚奪って配置できます。



c0210371_118417.jpg


ゲーム終了時、各オリの動物の数で得点計算。
4頭までは4点ですが、5頭目からグッと得点がアップ
するので、これを狙うのが勝負の基本。

景観タイルは1種類につき2点。飼育小屋のタイルは
1種類につき-2点。どちらも枚数ではなく種類なので
その辺りも考えどころですね。




c0210371_11202855.jpg


ゲーム開始前に袋からランダムに15枚のタイルを
取り出しておくのですが、これの上に座らせるため
だけに付属する微妙なデキの“パンダコマ”(笑)



昨夜、早速子供たちと遊んでみたところ思惑どおり
長女はあっさりルールを覚えて楽しんでました♪
特に可愛らしい子供タイルが気に入ったおかげで
どんどん親子を作り、ハイペースでオリを埋めていく
プレーには感心。飼育小屋のマイナス分がなければ
危うく負けていたかもしれません。

次女の方も手順だけは覚えて一緒に遊んでましたが
完全に集中力が切れた後半は“野生の王国”と化し、
オリも仕切りもないジュマンジ状態に・・・
まぁ、まだ2歳なのでそんなもんでしょう(笑)
[PR]
by samune_3 | 2010-12-03 11:46 | ボードゲーム