B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フィレンツェ

c0210371_16475628.jpg


先日ちょこっと書きました『フィレンツェ』
【2〜4人・プレイ時間約90分】

完全にパッケージ買いだった本作。
とにかくそのコンポーネントの美しさに感動!






c0210371_17182982.jpg


タイトルどおりイタリアの都市がテーマ。
多くの塔建設依頼をこなし、得点となる名声を
獲得していくゲームです。


c0210371_17225171.jpg


思わず目を見張るボードビジュアル!
これだからドイツゲームはやめられません♪

6色の塔は建設依頼を示す表で、白抜きの数字が
各階の得点。ボード下部はアクションカードの
置き場になってます。


では、まずボードの準備から。

c0210371_17291731.jpg


種類別にランダムに引いた“バルコニータイル”
4枚を該当する塔の階層に配置します。

この階層は達成するとボーナスが得られます。
例えば写真で手に持っているのは“赤い塔の7階”
この階層は本来なら8点獲得ですが(ボード参照)
今回のプレイにおいては14点で扱われます。

バルコニーをタイルにしたアイデアが面白い♪



c0210371_17443469.jpg


次に“中立の封蝋(ふうろう)タイル”5枚を
好きな塔の好きな階層に配置します。

一応、ルールブックにオススメの配置の仕方が
載ってるんですが、要するにこのタイルで
潰された階層はすでに依頼が達成されたことを
表していて、建設しても得点になりません。



c0210371_10285713.jpg


続いて、アクションカードを配置。
置き場の右端に裏向きの山札を置き、1枚ずつ
引いて左端の欄から順に6枚オープンします。

で、これがちょっと面倒なんですが・・・
オープンされたカード上に、袋からランダムに
取り出した“塔コマ”を4個ずつ配置。



c0210371_1043034.jpg


各プレイヤーは自分の色の封蝋タイルと
建設地ボード、ストックとして白い塔コマを
受け取ります。
(白い塔コマの個数はプレイ順で異なる)


これで準備完了。ゲームスタートです!


c0210371_1052812.jpg


手番では、まず“アクションカード獲得”
カードの上に乗った塔コマもセットです。

左端のカードはつねに無料で獲得できますが
それ以外のカードにはコストがかかります。
選んだカードの左側に並ぶ全てのカード上に
ストックの塔コマをひとつずつ配置しなければ
なりません。

毎手番、置き場のカードが1枚取り除かれる度に
そこを埋めるように左に左にカードがずれていき
山札から新たな1枚が右端にオープンされます。



c0210371_11115171.jpg


次に“塔の建設”

ストックの塔コマを使って、建設地ボードに
色別の塔を建設していきます。
このとき、建設する色も個数も自由なんですが
個数によってコストがかかります。

建設地ボード右が1手番でかかるコスト表。
1〜2個なら無料ですが、3個で1つ、4個で3つ、
その数だけ建設とは別にストックの塔コマを袋に
戻します。上限6個の場合はコスト10!



建設のあとは“見捨てられた塔の取り壊し”・・・

塔は、建設で毎手番コマを追加して高くして
いくわけですが、一度でも増築されなかった
色の塔はここでなんと取り壊されます!

c0210371_1138054.jpg


写真で説明すると、建設中の赤と黄の塔は
ストックがあるので次の手番の建設時に
1つずつ増築可能ですが、白はストックがない。

このままだと増築できなかった白い塔は取り壊し!
コマの半分は袋へ、残りは自分のストックへ返還。
(端数の場合は袋行きの個数を繰り上げ)

せっかく5階まで建てたのに〜(泣)ってなことに。


つまり、いざ建設を始めたらノンストップ!
建てる色の塔コマのストックを管理し、次手番以降
カードと共に補充はできるか?さらにコストとして
支払う分の塔コマは確保できるか?等々、なかなか
シビアなやり繰りが必要なのです。



無事増築を果たし、ボード上の依頼どおりの塔が
完成したら、いよいよ“依頼の達成”

c0210371_13105971.jpg


完成した塔のコマを全て袋に戻し、自分の色の
封蝋タイルを該当する階層に置いて得点獲得。
中立と同様、誰かの封蝋タイルが置かれた階層は
達成済みとなり同じ塔を作っても得点できません。

このとき5〜8階建てについて初めて建設した
プレイヤーはボーナスタイルも獲得します。


以上で手番を終了し、次のプレイヤーへ。
いつものごとく手順を書くと長くなりましたが
やること自体はコマを集めて塔を建てるだけ。
形態こそ違いますが『チケットトゥライド』の
プレイ感にちょっと似てますかね。



では、ここでアクの強いアクションカード群の
一例をご紹介。

かなり種類があるので、ホビージャパンの和訳
シールが付いてましたが、カッコ悪いので自作。

c0210371_13531297.jpg


キャラクターが描かれたカードは手札として
持つことができ、手番中いつでも使えます。
使ったら捨て札に。

『錬金術師』は、自分のストックの塔コマ1個を
袋の好きな色のコマと交換できる素敵なカード♪

一方『密輸業者』は、自分のストックの塔コマと
他プレイヤーのストックの塔コマを交換・・・

さらに『破壊工作員』に至っては他プレイヤーの
建設中の塔からコマ1個を取り除き袋に戻すという
かなり強力な攻撃性を持っています。



c0210371_1473770.jpg


建物のカードも手札になりますが、これらは
ゲーム終了まで保持し効果を発揮し続けます。

『作業場』は、建設時にかかるコストを毎手番
1個減らせます。これで3個建設までが無料に♪

『倉庫』は、本来ストックに保持できる塔コマの
上限10個が15個にアップし、手札の上限5枚が
無制限になります。これ必須カード!



c0210371_14135871.jpg


手札にはならず、誰かが取ったら即効果が出る
恐ろしい災害系カード・・・

『倉庫火災』は、全プレイヤーのストックの
塔コマを3個袋に戻させます。

『洪水』もやはり全プレイヤーのストックの
塔コマ3分の1を袋に・・・

『崩壊』は、カードを取った本人の建設中の
塔1つを破壊し、コマも全て袋に戻します。

・・・こんなカード誰が好き好んで取るんだ?
という疑問は当然のこと。
これらは大抵カード置き場の左端に居残って、
他のカード選択のコストとして置かれた塔コマが
ドカドカと上に積まれていくことになります。

実は災害は条件に該当しない場合、効果は無効。
(ストックにコマが無い、塔が建ってない等)
自分に害がないタイミングで取り、他の人にだけ
打撃を与えて塔コマを稼ぐことができるのです。




c0210371_1433185.jpg


誰かが自分の封蝋タイルを置き切ったらゲーム終了。

塔ごとに最も多く依頼を達成したプレイヤーや
その他各種ボーナスを処理して得点計算。


前述のとおり、手順は割とシンプルでやることも
わかりやすく、塔コマを建設とコストに割り当てる
システムもまずまず整理されてるとは思いますが、
ドイツゲームには珍しく非常に攻撃的なカード効果!
やたら後味の悪いものがあるのも気になります・・・

せっかく綺麗なビジュアルなんだから、もうちょい
スマートに絡みを表現してほしかったかな(汗)


嫁さんと一致した評価は「何とももったいない作品」
キツいカードを抜くなりして再プレイしてみようと
思いますが、う〜ん・・・いつになることやら。
[PR]
by samune_3 | 2011-01-25 17:29 | ボードゲーム