B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いかだ動物園

c0210371_1728241.jpg


すごろくやさんのプレイ動画は面白そうすぎて困りもの♪
この『いかだ動物園』も紹介ブログで一目惚れした一品。
わが町岡山にある池田動物園とは関係ない(笑)

【2〜4人・プレイ時間約20分】





c0210371_17335120.jpg


元は子供向けゲームでお馴染みセレクタ社の作品ですが
僕が購入したのはリオグランデ版。多分中身は一緒。

ネズミ船長のいかだに乗りたいたくさんの動物たち。
全員が乗り込めるかどうか皆で判定するゲーム。



c0210371_1747855.jpg

とにかく可愛い10種類の木製動物コマ。
ブタ・キツネ・ヒツジ・ヘビ・ライオン・ニワトリ・
シロクマ・ラクダ・ゾウ・ウサギ

各3コずつ計30コも入ってるので、箱を開けるとまず
そのカラフルで賑やかなコマたちに目を奪われます!


c0210371_17543288.jpg

コマに対応した同数の動物カード。
イラストの素晴らしさは言うまでもなく、3歳次女でも
パッと見で判別できるハッキリした色分けはさすが♪


c0210371_17574889.jpg

そして、中央に大穴の空いた“いかだタイル”6種類。
穴の形と面積は様々。こちらのイラストもそれぞれに
凝ってて、ゲームする前から長女のテンションアップ♪



c0210371_1821819.jpg

各ラウンドの開始時に、いかだタイルを1枚中央に置き
その周囲に裏向きでシャッフルした動物カードの山から
ランダムに10枚を配置。
さらに対応する動物コマをカードに配置して準備完了。


各プレイヤーは、いかだの穴に動物たちが全て収まるか
どうかを考えます。
動物コマは全て寝かせた状態で収めなければなりません。

c0210371_187734.jpg

収まると思えば緑色の“イエス”タイル
無理だろと思えば赤色の“ノー”タイル
裏向きで持っておいて「せーの!」で一斉に意思表示。


「10コくらいなら余裕で乗るでしょ」と全員がイエスと
判定していたら

c0210371_18122438.jpg

カードの山から1枚引いて、新たな動物を増やします。

そして、再びこの11コがいかだに乗れるかを判定。
全員がイエスを出してる間は1コずつ動物が増えます。


「いやいや、もうさすがに無理だろう」と誰か一人でも
ノータイルを提示していたら、イエスを出した人全員で
実際にいかだにコマを収めます!制限時間は1分!


c0210371_18215552.jpg


「ゾウでかいよー!」「もっと詰めて!詰めて!」
「ヘビ入れにくい〜!」「ちょっとここをこう・・・」

大騒ぎで詰め込み詰め込み、アッという間の1分間。


無事に全ての動物が収まれば、イエス側の勝利!
少しでもはみ出したまま1分経過したら、ノーの勝利!

c0210371_1829252.jpg


勝った人は全員ポイントチップを獲得。
1ラウンド目は1点チップ、2ラウンド目は2点・・・と
ラウンドが進むごとに得点が上がるので、最後まで
逆転のチャンスはあります。

ゲームは全6ラウンド。
1ラウンド終わるたびに、いかだタイルをチェンジし
動物カードも全てシャッフル。
10枚並べてコマを置き、次のラウンドを始めます。



長女「あ〜もう!ブタのお尻が入らないよー!!」
c0210371_10195627.jpg



これはもう遊ぶ前から想像してたとおりの楽しさで
嫁さんから次女まで家族全員に大好評でした♪

最初の10コは大抵収まるので皆余裕の表情でイエス!
ところが新たな動物が増えるたびに「むむむ?!」
そこへゾウやシロクマなど大物が登場したら
「えぇー!これどうなんだろ?!入るかなぁ?!」

徐々に全員のテンションが上がっていくプレイ感が
非常に心地良く、さらに同じ感覚を幼い娘たちとも
共有できる点は素晴らしいのひと言!


カードとコマの視認性が抜群なのでセットアップの
段階から子供たちも積極的に参加してきてくれるし
ゲームも面白い。まさに子供ゲームのお手本ですね♪
[PR]
by samune_3 | 2011-06-14 18:29 | ボードゲーム