B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ジャブ

c0210371_11531451.jpg

『ジャブ』はこれまでなかった、リアルタイム戦略カードゲームだ。プレイヤーはボクサーの拳を操り、自分に来るパンチを防御しつつ、相手にパンチを繰り出すことになる。しかし、『ジャブ』には他のゲームのような手番は無い。自分が望むペースでゲームを進めることが可能である。しかし、実際のボクシング同様ペースを上げればいいというものではない。重要なのは、抜け目なく立ち回ることだ。(リリース文より)


↑これ読んで興味持つなと言う方が無理ってもんで
発売前から待ちに待ってたカードゲーム『ジャブ』

【2人用・プレイ時間約15分】






c0210371_11592798.jpg

最近、どんなに面白そうでも似たようなシステムの
ボードゲームだとあまり食指が動かなくなってて、
そんな中「遊んでみたい!」と思えた数少ない一作。


c0210371_13343418.jpg

内容物一式。
プレイヤーは、白人か黒人のボクサーを選択し
それぞれの頭部・右ボディ・左ボディのカードと
パンチカードデッキ(写真左上と右上)と円形の
体力トークン5つずつを受け取る。

写真左下のカードは、『カウンター』カードで
右下のは『コンビネーション』、中央上の2枚の
タイルは『ゴング』と『クリンチ』これらは後述。


c0210371_1342423.jpg

パンチカードデッキの内容は両者同じで、5種の
パンチ、ジャブ・フック・クロス・アッパーと
ヘイメーカー(ノックアウトパンチ)があって
背景の色もそれぞれに5色。
左上の数字はパンチが決まった際の得点。



c0210371_13482155.jpg

プレイヤー同士向き合った状態で、このように
セッティングします。
互いのボクサーも向き合うように配置し、自分の
パンチカードデッキをシャッフルして2つの分け、
裏向きの山にして手元に置きます。

場の中央にはカウンターカード、ゴング&クリンチ
タイルとコンビネーションカードは脇に。
体力トークン5つも手元に置いておきます。



準備が整ったらゲームスタート!

まずは左右のパンチデッキを山ごと表に向けます。
このとき「相手がカードの扱いをミスって山札を
場にぶちまけても待ってやる必要はないぜ!」と
ルールブックにも書いてあるとおり(笑)本作は
手番ナシの完全リアルタイム対戦!


c0210371_14494924.jpg

手順は簡単。手元のパンチデッキの左側は左手で
右側は右手で、一番上のカードを取って・・・

c0210371_14513773.jpg

相手の3カ所の部位めがけて打つべし!打つべし!
パンチカードをどんどん重ねていきます。

両手を駆使して両者同時進行でパンチを出し合い
ながら、ガードや技を織り交ぜろ!


【ガード】
c0210371_14591035.jpg

相手が打ってきたパンチに対して、同じ種類または
同じ色の自分のカードを重ねることでガード成立!
ラウンド終了時の集計で相手の得点を減点。


【コンビネーションパンチ】
c0210371_1531615.jpg

脇にあるコンビネーションカード山札の一番上の
カードに記されたパンチが揃ったら・・・
c0210371_1545693.jpg

コンビネーションパンチ成功!「コンボ!」と叫び
すかさずそのコンビネーションカードを奪い去れ!
ラウンド終了時の得点に加算することができる。
難易度によって得点の大きさもちがうぞ!


【ヘイメーカー】
c0210371_15101829.jpg

パンチカードの中でもヘイメーカーだけは、ただ
打っただけでは何の効果もない。
続けざまに同じ色の任意のパンチを繰り出すことで
相手の体力トークンを2奪える!

c0210371_15133325.jpg

決まったら「ドカーン!」とか何とか叫んで、相手の
手元の体力トークン2枚を無理やり奪い去ってOKだ!
相手の体力を0まで削り、さらに体力を奪うパンチを
喰らわせばノックアウト!その瞬間キミが勝者だ。

しかし、ヘイメーカーはあらゆるパンチでガード可。
つまり立て続けに同じ色のパンチを出せるチャンスを
見定めつつ、自分の懐にも細心の注意が必要になる。


【カウンター】
c0210371_15234095.jpg

場の中央に出ているカウンターカードと同じ色の
パンチが両者に出現したらカウンターのチャンス!

自分の側のパンチカードを“片手で隠しながら”
「カウンター!」と叫び、カウンターカードを取ろう!
同時に相手の体力トークン1枚奪取!
さらにラウンド終了時、2得点になるぞ。
カウンターカードは5色。早い者勝ちなので互いの
打ち込んだパンチの色に注視してチャンスを見逃すな!



c0210371_1534951.jpg

相手より早く全てのパンチを打ち尽くしてしまったら
ゴングタイルを取って「ラウンド終了」を宣言しても
かまわないが、その場合5点減点される。
相手がモタモタやってるうちに猛ラッシュで試合を
片づけてしまうのも手だが、この減点は大きい。

体力が0になったら、フィニッシュブローを貰う前に
意地を張らずにクリンチタイルだ。
相手から体力トークンを2つ取り戻し復活できるが
3点の減点。でもノックダウンよりマシだろ?



両者パンチカードを出し尽くしたらラウンド終了。
どちらも立っていられたなら勝負はポイント判定だ。
c0210371_154771.jpg

まず、自分の3カ所の部位の中からひとつ選んで
そこに打ち込まれたパンチカードを全て除外する。
そして、残った2カ所についてはどちらか一方を
“相手が”選び、そのパンチカードが相手の得点。

つまり、最初に「ここは打たれ過ぎたな〜」と思う
部位を除外し、続いて相手の部位2カ所の中でより
自信がある箇所を選択するというわけだ。


黒人プレイヤーは相手の右ボディを選択。
c0210371_15593943.jpg

得点の集計法は、まず自分が打ち込んだパンチから
相手のガード成功枚数分が引かれる。
しかも高得点のパンチから引かれるので、この場合
白のガード成功3枚だから黒の2点のパンチ3枚全て
得点から除外されることになる。

ヘイメーカーは得点にならないのでパンチの総得点
2点に、コンビネーション6点とカウンター2点を
足して、黒人のこのラウンドのポイントは10点。

もし、ゴングやクリンチのタイルを取っていたら
ここから減点されるので、かなりの痛手・・・
さらにコンボやカウンターのボーナス点が非常に
大きいことも見て取れるだろう。


c0210371_16153637.jpg

見事ラウンドを制した者は相手の体力トークン1枚を
取って裏返し、ラウンド獲得マーカーとして手元に。
先にマーカー3枚獲得した方がこの試合の勝者だ!

体力トークンの枚数はそのまま引き継いで、次の
ラウンドが開始される。




・・・いや、もう、コレめちゃくちゃ面白いです♪
個人的には直球ストライク!新鮮すぎるプレイ感!
1ラウンドがアッ!ちゅー間なので、クセになって
何度も繰り返し対戦してしまいました。

リアルタイムってことで、最初はとにかく早く出す
ことばかりに気を取られがち。でも手札使い果たすと
ノーガードになってしまうし、かと言ってあまりに
タイミングを待つとガンガン先手打たれるし・・・
考え所は多々あれど、いざゴングが鳴ったら悩んでる
ヒマなどないところがまた非常にリアル。

遊べば遊ぶほどコツを修得できるけど、左右の手札や
コンボ、カウンターカードの種類など微妙に絡む
運の要素も絶妙です。

ハードパンチャー・コンボ狙い・カウンター使い・
ガード重視等々、そのテーマどおりプレイヤーの
個性が出るシステムを手軽で熱いカードゲームに
まとめた上げた手腕に、ただただ感動するばかり!


ただ、随時カードを出し合うアクション系なだけに
処理を見落としたり、間違って出せないカードを
出してしまってたりすることも多少ありますから
そういう点が許せない人にはオススメしませんが、
2人対戦で新鮮なプレイ感を求めてる細かいことを
気にしない人(笑)には、ぜひ遊んでみてほしい
素晴らしいタイトルです!
[PR]
by samune_3 | 2011-08-18 16:55 | ボードゲーム