B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ドレトルダイス

c0210371_104458100.jpg

かなり地味〜な印象のゲームですが、ルールを読んでて
これなら短時間で家族全員楽しめるかな?と購入。

【2〜5人・プレイ時間約30分】






c0210371_1048322.jpg

欲しいと思ったときに、意外とどこも在庫切れで・・・
先日たまたま再入荷してたのを発見して即ポチッ!


c0210371_10525695.jpg

内容物は、まず目につく沢山のダイスと専用トレー。
青い山札は『目的カード』、黄は『アクションカード』
赤いチップは1個マイナス1点になる『減点チップ』


ゲームは非常に簡単で、トレーにジャラーッと振られた
ダイスを1手番に1個ずつ取っていき、目的カードに
描かれた組み合わせを作って得点していくだけ。
赤色ダイスは白黒どちらの色にもなりますが、取るとき
一緒に減点チップ1個を取らねばなりません。



c0210371_10572921.jpg

目的カードには、ダイスの組み合わせによる“お題”と
それぞれの難易度に応じた得点が記されています。

お題は、そのものズバリの色と出目を揃えるもの以外に
例えば「白黒問わず3個のダイス目の合計が9以下」とか
「とにかくダイス目の合計12ピッタリに!」とか様々。



c0210371_114986.jpg

アクションカードは、手番の開始時に実行できる使い捨ての
特殊効果で、「黒ダイス全て振り直す」「4個振り直す」等
“振り直し系”の他に「白ダイス1個の目を1増減できる」や
「1手番に2個ダイス取れる」などけっこう強力なものも。

これらのアクションは全て“ダイス1個を取る前”にトレーの
中のダイスに対してのみ適用されます。



c0210371_1120586.jpg

山札から目的カード3枚、アクションカード1枚を手札に。
(もちろん手札は非公開です)
スタートプレイヤーを決めたらゲームスタート!

2人プレイでは、ダイスの数が白黒各6個と赤1個。
スタートプレイヤーはこれらを一気に振ります。

ジャラーーー

c0210371_1125857.jpg

【Aの手札】
c0210371_11261395.jpg

【Bの手札】
c0210371_11263844.jpg


トレーの中のダイスと手札をよく見て作戦を立てます。

Aが最高5点のお題(右端)「黒ダイス3個の合計7以下」を
達成しようと思ったら、とにかく小さい出目の黒ダイスを
確保する必要がありますが、となりの4点のお題でも黒の3が
必要で、果たして都合良く黒ダイス取れるのだろうか?

一方、Bは最高4点のお題でとにかく黒ダイスを確保したい。
さらに右から2番目の3点のお題に必要な白の6が現状では
トレーにないが、アクションカードで白の5を6にできる。
でもそうすると今度は白の5がなくなるから・・・
ここは1点減点込みで赤の6を取ってしまおうか?



c0210371_11465559.jpg

トレー内のダイスが全てなくなるか、全員手番をパスしたら
そこでラウンド終了。完成した目的カードは得点。
余ってしまったダイスは1個につき減点チップ1個・・・
なので、完成する見込みが薄いお題には手を出さない方が無難。
さらになるべく複数のお題で使い回せる出目を選ぶのが基本。


得点したカードだけ手元に置き、残った手札から任意の1枚を
捨て札にして、再び手札が4枚になるよう山札から補充します。
このときの目的カードとアクションカードの枚数は自由。

1ラウンドで達成できる目的はせいぜい2枚程度。
目的カードを多く取って得点の選択肢を増やすか?
アクションカード多めで状況に対処できるようにするか?
ゲームが進むにつれてプレイヤーの方向性が出てきます。

スタートプレイヤーを交代して次ラウンド開始。
2人プレイの場合、各自3回ずつスタートプレイヤーを担当。
つまり6ラウンドでゲーム終了です。




娘たちをいきなり参加させるのはさすがに難しかったので
僕と長女VS嫁さんと次女の組み合わせでペア戦。

無理せず必要なダイスが揃ったところで早々にパスする
僕に対して、減点チップおかまいナシで赤ダイスも取って
ガンガン攻める嫁さん。

目的もアクションも引き運ですが、例え厳しい手札でも
そこから得点法を考え出すのがかなり楽しい♪
ペア戦にしたおかげで、子供たちとどのダイスを取るか
相談するのも面白かったです。
特に足し算を覚え始めた長女は「出目合計○○」の目的が
気に入って、ダイス目の計算に盛り上がってました。


最終的に、減点チップ1個の僕に対して嫁さん何と7個!
結果は29対28の大接戦で僕・長女チーム勝利!

これは予想どおりの面白さでした♪
インストらくらく・気軽に短時間・誰にでも悩み所と
楽しみ所がわかりやすい。
2人プレイでも充分遊べましたが、より計画が立てづらい
3人以上もハプニングが生まれて面白いと思います。

まぁ、子供は沢山のダイスを振るだけで喜びますが(笑)
[PR]
by samune_3 | 2011-09-02 12:15 | ボードゲーム