B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アメージングテーブルゲーム2012

c0210371_1013723.jpg

数少ないボードゲームの専門誌で、ちょうど1年前に出た
創刊号に続く第2号。今回も嬉しい付録ゲーム付き♪






c0210371_10214242.jpg

1号の表紙は賑やかなイラストでしたが、今号は実際に
ゲームで遊んでる写真。わかりやすくて良いですね。
タイトルロゴやコピーの入り方も可もなく不可もなく
無難にまとまってると思います。



c0210371_10273980.jpg

誌面の見やすさだけで言うと、個人的には1号の方が
若干良かった気がしますが、相変わらずちゃんとした
モデルさんを起用してたり、キャプションも丁寧で
「アナログゲームの楽しさを興味ない人にも伝えたい」
という意欲が感じられます。


c0210371_10385758.jpg

このブログで紹介してるようなボードゲーム以外にも
ドイツで古くから遊ばれる伝統的サッカーゲームや
最新のオセロ、プラレールのボードゲームなどなど
幅広く掲載されてて読み応え充分!

ティップ・キックの存在は以前から知ってましたが
記事読んでたら欲しくなってしまいました(笑)


c0210371_10444692.jpg

バック全体に写真を敷くような大胆なレイアウトが
できるのもドイツゲームのデザイン性の高さ故。

手順や要素の多い複雑なゲームはあまり載ってません。
あくまで一般に普及させることを目的とした内容。


c0210371_1194525.jpg

『マンマミーア』『ぴっぐテン』など、僕の身近でも
評判のいいタイトルが押さえられてると何だか嬉しい♪

新作『なんてたってホノルル』もバッチリ載ってます。
そして、今号の付録ゲームはその“日本版”


『なんてったってさいたま』
c0210371_1117313.jpg

ルールはとても簡単!山札から1枚取った地名カードが
中央の地名から東西南北どこに位置するか置いていき、
間違って置かれたと思ったらそれを指摘。
カード裏面の緯度・経度を確認し、正しい方に勝利点の
チップがもらえます。


c0210371_11294776.jpg

人口のデータも記載されているので、人口の順に並べる
バリエーションルールでも遊べます。

あまり岡山から出たことのない僕にとっては、けっこう
難易度の高いゲーム・・・(汗)
世界の都市がテーマの『〜ホノルル』で当てずっぽうな
解答を楽しむのもアリですけど、こちらの方がある程度
見当がつくし、親の世代を巻き込むにはもってこいの
秀作ではないでしょうか。本誌でしか手に入らないし。


全ページフルカラーで、しっかり遊べる付録まで付いて
1000円(税別)は相当お買い得だと思います♪
[PR]
by samune_3 | 2011-10-21 11:46 | ボードゲーム