B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カルカソンヌキッズ

c0210371_11464348.jpg

その名のとおり不朽の名作『カルカソンヌ』の子供版。

【2〜4人・プレイ時間約20分】






c0210371_11503629.jpg

本家カルカソンヌとは全く異なる可愛らしいテイスト。
魔法のラビリンス』など子供向けゲームのイメージを
数多く手掛けるロルフ・フォクトのイラストです。
想像力が膨らむ素晴らしい仕事は相変わらず♪



c0210371_13172438.jpg

コンポーネントは、得点ボードの有無以外は本家と同様
地形タイルと木製コマですが、それぞれビッグサイズに。

特にタイルは厚さも充分で頑丈な作り。
子供の扱いに神経質にならずに済む嬉しい仕様ですね♪
コマの方は、4人用なので4色のコマがそれぞれ8個。



c0210371_13311610.jpg

手番では、これも本家と同様に裏向きのタイルの山札から
1枚引いて、それを場のタイルに隣接して配置します。

タイルには、どの辺を隣接させて置いても繋がる“道”と
プレイヤーの色と同じ4色の子供たちが描かれています。


c0210371_13423989.jpg

タイルを置いた結果、1本の道の両端が行き止まりになり
その道が完結したら、路上にいる子供たちと同じ色の
プレイヤーは手持ちのコマをそれぞれタイルに置きます。

こうして、いち早く8個全てのコマをタイルに配置できた
プレイヤーが勝利。3歳次女でもわかる超簡単ルール♪


c0210371_13485122.jpg

山札からめくられるタイルはランダムなので、必ずしも
自分の色の子供が描かれてるわけじゃないし、仕方なく
他の人に得をさせてしまうこともしばしば・・・

運要素は強いですが、一気に複数のコマを置けたときは
非常に爽快!そのためにはタイルをどう配置していけば
良いのか?と、子供たちが自然に考えを巡らせてる姿に
この作品の完成度の高さを感じました。



c0210371_1495367.jpg

タイルの絵柄は、ひとつとして同じものはありません。

プレイの度に様々な情景が描かれる本家カルカソンヌの
素晴らしさを踏襲しながら、年齢問わず誰でも楽しめ、
各自の手元のコマ数を見れば勝負の状況も一目瞭然。

子供向けとして、あまりにも見事なアレンジに感動♪



c0210371_14271722.jpg

大人でも充分楽しめる本作ですが、大人同士で遊ぶ際に
物足りない場合は、ふうかさんとこやぐんまさんとこで
紹介されている「1人2色担当」や「手札3枚」ルールで
プレイすれば、戦略的な要素も生まれて丁度いい感じに。



このゲーム、残念ながら今月いっぱいで閉店が決定した
ファミリーゲームズさんで購入、先週末届いたのですが
毎日遊んでるほど家族みんなのお気に入り♪

せっかくタイルに牛や羊も描かれてるのでアグリコラの
コマとか使って、楽しい拡張ルール作れないかなぁ?
面白そうなのでちょっと考えてみます。
[PR]
by samune_3 | 2011-10-24 15:25 | ボードゲーム