B型デザイナー・タカの趣味日記


by samune_3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

だちょうグランプリ

c0210371_1443784.jpg

ものすご〜く地味なタイトルですが、色々カスタマイズできて
子供と遊ぶには丁度いいレースゲーム『だちょうグランプリ

【2〜5人・プレイ時間約30分】





c0210371_1451066.jpg

「どの年齢層ねらってんだ?」と首を傾げるシュールなパケ。
ダチョウがテーマってこと以外、何ひとつわかりません(笑)
このデザインにOKが出ること自体に色んな意味で感心します。


c0210371_1457655.jpg

5色のプレイヤーコマと各色のカードデッキ。
デッキ内容は各自同じで、コース上の足跡に対応した4色に
それぞれ歩数を示す2〜6の数字が描かれています。


c0210371_1524447.jpg

コースタイルを組み合わせてレース場を作ります。
タイルはスタートとゴール以外に23枚もある上、それぞれ
表裏まであるので、エキサイトバイクのエディット気分で
様々なオリジナルコースを作成できます。


c0210371_1573064.jpg

一応これが取説に載ってる初プレイ推奨レイアウト。
コースによっては、けっこう場所取りますね。


各自カードデッキを受け取り、しっかりシャッフル!
ダチョウコマをスタート地点へ。

c0210371_15115338.jpg

適当に順番を決めたら、まず自分のデッキの上から4枚を
取って手札に。手番では手札からカード1枚をプレイ。


c0210371_15153749.jpg

カードの数字は歩数、色は最後の一歩で到達しなければ
ならない足跡を示しています。
写真のカードなら「5歩進んで最後は白の足跡」へ。

プレイしたカードは捨て札となり、デッキの一番上から
1枚手札を補充して手番終了。


その後は“先頭を走るプレイヤーから順番に”カードを
プレイしていくことになります。


c0210371_15221956.jpg

現在の順位を決めるとき、コース脇にある“樹木”に
より近いコマに優先権があります。
直線で並ぶ場合などは特にこの判定が重要。

さらにカーブでは“点線”でエリアが区切られていて
そのエリア内で、樹木も考慮に入れて判定。

なので、写真では「赤→黄→青→紫→橙」の順番で
手番を進めていきます。



c0210371_17375013.jpg

コース上の水たまりに入るか通過すると特殊能力獲得!
全6種の能力の中からスタート前にあらかじめ厳選した
3種のうちのひとつを選び、以降の手番で実行できます。

写真でONにしてる能力は「ゴールまで手札5枚持ち」
その他「移動終了時、直前を走るコマを飛び越える」等
レースにちょっとだけ波乱を生む効果があります。



c0210371_17543738.jpg

誰かがゴールラインを越えてもまだ勝負はわかりません。
そのラウンドを最後までこなし、より進んだ人が優勝!




c0210371_1673720.jpg

コースタイル裏面には、渋滞必至の一本橋や止まると
矢印の方向に一歩流される砂嵐ゾーン・・・

c0210371_16113117.jpg

さらに行く手を阻む動物たち。
「手札全て引き直し」のイノシシなどそれぞれ色んな
特徴でレースを妨害します。



子供たちと遊ぶときは、コース短めで特殊効果もナシ。
カード運のスゴロクになっちゃいますが、カーブでの
ライン取りなどちょっとしたレース要素は楽しめます。
大人同士なら順位ポイント制で複数レースこなすのが
面白いんでしょうが遊ぶ機会がない・・・(笑)

奥深さも派手な展開もありませんがシンプルな競争が
楽しめて、コースレイアウトをするのも面白いので
けっこうお気に入りのタイトルです♪
[PR]
by samune_3 | 2011-12-02 00:30 | ボードゲーム